水質よりもポリカーボネート製の容器が問題かも

水質よりもポリカーボネート製の容器が問題かも

赤ちゃん用として利用するウォーターサーバーなら、天然水でも日本の採水地を利用しているなら、特に問題ないように思います。それよりも、水ボトルに採用されているポリカーボネート製の容器の方が問題かもしれません。
ポリカーボネートの容器は海外でも問題視されているもので、アメリカではFDAが使用を控えるようにとされています。
ウォーターサーバーの水ボトルには、ガロン式とワンウェイ式の2種類が採用されています。ガロン式とは何度も再利用できるプラスチックのような容器に水が入れられているものです。リサイクルが可能な事から、リターナブル式とも呼ばれています。繰り返し容器を洗浄し使え、清潔な状態で水を入れてもらえるためエコではあるのですが、このガロン式にはポリカーボネート製の容器が使われていることがあり注意したいです。一方ワンウェイ式とはペットボトルの容器のように小さくつぶすことができ、ポリカーボネート製ではないものが多く安全と考える人も居ます。ガロン式が良いのか、ワンウェイ式が良いのかは、使われているボトルの成分で比較してみるのも良いでしょう。
また、ワンウェイ式は1回限りの使い捨てパックで、使用していくうちに容器が潰れる仕組みとなっており、途中で空気や雑菌が入りにくい仕組みです。このことから赤ちゃんに安全として選ぶ方は多いです。